人気ブログランキング |

いつもこころにコロコロを


by keirinyuko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2018年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

実戦投入

石川ふるさと/100山プロジェクトの中には
標高の低い、それでいて人の出入りも少ない山が数多くあります
そうなってくると獣との遭遇に備えなければいけないんですが
前々から、鈴ってザックにつける位置や歩く速度なんかで
微妙に鳴っているかどうかが不安になることがあります。


かといって、ジャラジャラと鳴りまくるのもなんだかなーと思ってまして。
時々、すれ違うご年配の方々の中にはラジヲをぶら下げているのを見かけ
そして、ひらめいたのがコレ

そう、BTスピーカーなる21世紀の大発明。
(好んでみているブログで紹介されていたのもありますが)
e0132713_09561619.jpg

思っていた以上に音量、パワーもありますし、超コンパクト
再生時間が4時間ということと防水でないのがアレですが
使う時間帯、シチュエーションを考えて熊鈴と併用すればなんとかなるかなと。
テント泊なんかのお供にも最適だし。
これで¥2000いかないんだからありがたい。

そして、最近取り入れているのが「山シャツ」
と言っても、ハイテク素材で山ブランドのものではなく
某ファストファッションブランドH〇Mのリネンシャツ。
低山は荒れている事が多く、素肌の露出は避けたいところ。
かといって厚手の物はきつい季節だし、山ブランドのもは高価だし
で、こいつを投入
今頃の季節ならそれないりに着る事ができるし、藪の中もへっちゃら。
汗かいても、飯食ってるうちにソコソコ乾いてくれたしで
あたくしくらいの登山であれば問題ないかと。

ただ臭い対策はしておかないといけないかな。
虫よけのハッカ油ふりかけて対処してますが、十分です。
e0132713_09561871.jpg


by keirinyuko | 2018-04-27 10:00 | お登り | Comments(0)
野田山(180m)へ
と言っても地元では「野田墓地」と言われる場所で
当然、車でも行けてしまうところですが、ここはあえて
その下にあたる大乗寺公園から


ここからの市街地、そしてさらには日本海までも眺められる絶景
e0132713_09054872.jpg

なぜか、いくつもの銅像。
美的センスゼロなあたくしには理解できないものばかり
e0132713_09054988.jpg
さらに
丘陵公園なだけに。

やっぱ考える人がいるんだろうな。
スノーボードの絵が前ノリでいい感じ

e0132713_09055162.jpg

で、坂道をグングン上がっていくと野田墓地入り口に看板が。
そして「前田家」の文字が
e0132713_09055356.jpg

どうやら、あの「加賀百万石」で有名な前田利家率いる前田家の墓地があるらしいと。
前田利家は62歳で亡くなるんですが、遺言に「墓は野田に」とあったそうで
そしてここに利家と松はもちろん前田家が眠っているというわけです。

墓は立派な石碑とかそんなものはなく、ただ土を盛っているだけっていうアレなんですが
墓だけに写真は撮らずに。

e0132713_09055582.jpg
肝心の野田山山頂は個人のリンゴ畑の中
っつーことで外から眺めるしかできませんでしたが
e0132713_09062812.jpg
でも、その墓前からの眺められる金沢の景色、一望できる場所。
なるほど、ここに墓を作った理由がなんとなく感じられました。
粋ですな。

e0132713_09062910.jpg


by keirinyuko | 2018-04-26 23:44 | 石川/ふるさと100山 | Comments(0)

mani-coffee

富山県 道の駅 庄川で販売されている
mani-coffee
おみやでいただきました。
e0132713_13555068.jpg


どうやら、道の駅に焙煎所があるらしい、新しいスタイルで。
珈琲の味の表現も果物系の表現ではなく、月の満ち欠けなんかに掛けて
わかるっちゃーわかるような、わからないような抒情系

なんにせよ、とかくお洒落なイキフンプリタツで
e0132713_13555350.jpg

mani Blend
控え目でいつものあたくしの淹れ方だとちょい薄目で出てしまうため
2杯目からはさらに細めに挽くことでしっかりとした酸味+ガツン
嫌いじゃない。
e0132713_13555594.jpg

そんなシャレオツSHOPを受け入れる
庄川お買い物袋もオシャンティ
e0132713_13555861.jpg
ありがとうございました。


by keirinyuko | 2018-04-21 02:55 | 珈琲 | Comments(0)
ロープウェイで上がれる山「御在所岳」の名物は
山頂レストラン「アゼリア」のカレーうどんだと。

そのアゼリアがどーも改装前のイベントで「山菜ごはん」を無料提供だと
e0132713_09020956.jpg

まずは郷に入っては郷に従えに従えで「カレーうどん」を注文
値段のわりに、な量ですが
さすがはここ三重県
麺はあの伊勢うどんのようにぶよぶよ、しんなりの麺
トッピングに角煮(これ、それなりに大きい)
ふふーん、なるほどね。
そりゃー、カレーにうどんですからある程度、皆様のご想像通りです。
e0132713_09021122.jpg

悪天候ながら、数名いたお客さんたちもそれぞれに注文されていたけど
あんまり山菜ごはん発注してないようでしたが
あたくしはさすがに歩き疲れてペッコリなので迷わず発注
具だくさんで、当然〆にカレー山菜ごはんとしていただきました。
(しない方が良かったかな)
e0132713_09021349.jpg
アクセスが楽なのと東海、近畿方面屈指の人気の山とあって
そりゃ、芸能界からも多数お登りされておりますが

e0132713_09021673.jpg
あたくしとしては
ずんのやす&飯尾さん

e0132713_09021807.jpg
そしてコレ。
最初、林先生からして探偵ナイトスクープかと
ボーダーの人、北野誠だとばかり思い込んでいたんだけど
どーやろ月亭八方だな。
なんの番組なのかわかんないけど
これにはテンション上がったな~、改装しても掲示すべし!
e0132713_09025558.jpg


by keirinyuko | 2018-04-20 00:02 | eat | Comments(0)
金沢市中心部からちと離れた山側環状線沿い
「御所八塚山」
は、星稜大学近くの集落に登り口があるんですが
写真の立派な神社側には駐車スペースがないのでご注意を。
(あたくしは少し離れた場所に車をステイ)

加茂神社
まったく聞いたことのない集落のための神社
なのだと思うんですが、立派に管理されております。
その階段をあがってまいります
e0132713_09024075.jpg

e0132713_09024248.jpg

と、町民の方々の畑の横を通りつつ
しっかりとした林道が現れます。
この日は、伐採のための車両も入っておりました。
e0132713_09024467.jpg

5分ほど
それもゆるやかな登りなので走ってもいいくらい
そして現れる鉄塔
e0132713_09024698.jpg

テレビのアンテナ基地局のようです。
BOXに書かれたテレビ局名がなんともシュール
e0132713_09024819.jpg
これかっこいいな。
e0132713_09044237.jpg

登り始めて20分ほどで「ふるさと100山」でも紹介された
廃れたあずま屋発見
e0132713_09044432.jpg


3月下旬
あの2月の降雪はなんだったんだっていうくらいの
陽気なお天気のなか

e0132713_09044612.jpg
きちんと赤マークもあります。
なんでも昨年付近で熊目撃情報もありますので
いくら街中とは言え、あなどるなかれ

e0132713_09044847.jpg

って
下山してみたら駐車スペース発見。
こちらへのアクセスはわかりませんが
確実に町内を通るのは必至なので
住民へのご配慮を
e0132713_09045047.jpg

御在所八塚山 130メートル 押忍

by keirinyuko | 2018-04-19 08:57 | 石川/ふるさと100山 | Comments(0)
学生時代の友人たちと「温泉でも行こう」という話になり
なんせ、東海地方出身者が多く、宿も三重県ということで
前乗りして鈴鹿セブンマウンテン最高峰のご在所岳を登ってから合流することに

人気のない御在所岳登り口駐車場はトイレがない。
前泊するなら多少、登り口から遠くてもトイレ完備のところを(これ教訓)

ここまでくるまでに鹿が何頭も通り過ぎ退いちゃうかと思ったら
後から聞くと、ここ菰野町はカモシカ推しらしく
「コモシカ」なるご当地キャラも存在するとか
朝6時起床、7時出発
御在所岳はロープウェイもありそれに乗れば12分で山頂付近まで。
そーそー何度も登るわけではないので、ここは下から登ることに。
真ん中に見える白いのはロープウェイの鉄塔でその奥が山頂
山頂までいくつかルートがありますがここはメジャーな中道を選択
この山を形成する花崗岩による奇岩を見るのが目的の一つ

早速、よくわかんないけど傾斜激しいっす
e0132713_09235003.jpg

もう一つ、中道を選んだ理由に
短いながらもキレットがあるということ。
北アルプスの有名キレットにいつか挑戦するための足慣らし!
と思いましたがさほどでもなく通過。
e0132713_09235228.jpg
ほどなくして山頂付近到着もお生憎のガスで辺り一面、まっちろ
e0132713_11324805.jpg
この日、岐阜県は奥美濃当たりでは降雪するくらいの寒の戻り
ここ御在所岳も例外ではなく、山頂付近に自販機発見し持参したザキヤマパンと。

e0132713_11325127.jpg
若干、みぞれの降る中での三角点到着(マニアではないので特に思い入れもありませんが)
e0132713_11325318.jpg

ほほー
そーなんですね。晴れてれば琵琶湖一望できるらしいけど…
e0132713_11325669.jpg

e0132713_11325853.jpg
もう一つお目当てだった山頂レストランでの名物カレーうどん。
には、まだ時間があったので視界は悪くとも
一度歩いておけば次回に役立つということで鎌ケ岳を目指すことに。
(いい感じの看板発見)
e0132713_11340217.jpg

お隣の山と言えどもソコソコのアップダウンあり
やっとこさ辿り着いた鎌ケ岳ももちろん視界ゼロ
e0132713_11340355.jpg
12時前には山頂レストランまで戻り、名物をいただき
12時に下山開始
来た時と違うルートを選択

e0132713_11340521.jpg

e0132713_11340704.jpg
そーんなに距離があるわけでも、急登があるわけでもないのですが
花崗岩のおかげでいくつも岩を登るように、またぐように自分の歩幅で進めないことと
その花崗岩が砕けた砂利のような道は足が滑って不安定で
必要以上に疲れた印象
e0132713_11340974.jpg
それでもところところに出現する奇岩に癒されながら
e0132713_11343693.jpg
13時には下山。
あとから思い出したのですが、鈴鹿山脈と言えば「ヒル」
この時期はまだ大丈夫らしく、そんな気配はありませんでしたが
これからのシーズンは相当気を付けないと厄介だそうです。

そんなことからしても、この時期に登れたのはグッドだったのではないでしょうか。

下の写真は
翌日、温泉帰りの快晴の中、眺めた御在所岳と鎌が岳
(中央で尖っている右側が御在所岳と左でチョコンと尖っているのが鎌が岳)
こーやって歩いた道を眺められるってのもうらやましい環境だな。

e0132713_11343820.jpg


by keirinyuko | 2018-04-18 09:43 | お登り | Comments(0)

ジワる

娘が持ってた見たことない駄菓子
e0132713_13562280.jpg
いつものベビ◯スタ◯みたいな味
なんですが「なんでボクシング?」
e0132713_13562585.jpg

e0132713_13562832.jpg
おー
なるほどー。
ついでに食べる時の指南書付き
e0132713_13563056.jpg
ラーメン屋さん 太郎
ってネーミングもジワジワくる

by keirinyuko | 2018-04-17 06:56 | eat | Comments(0)

珈琲専門店 廣

ルプラで珈琲いただいてた時に読んでた
地元雑誌に、どーやらお隣の玉造なる街に、あの中島らもが事務所を構えていた
という記事を読み、聖地巡礼に。
e0132713_05491336.jpg
そこには、マチガイない商店街と
その商店街には似つかわしくない
ジェントルな珈琲店「廣」へ。

もちろんオーダーはブレンド
珈琲を淹れるときに左小指を
右後ろポケットに入れるスタイルで
出された珈琲は酸味寄りの
すっきりとしたお味
カップからも気品が感じられる
e0132713_05491442.jpg
にしても
この商店街とってもいい雰囲気で
観光客はまずいない。
わざわざ来ないだろうな。
e0132713_05491623.jpg


by keirinyuko | 2018-04-16 04:00 | 珈琲 | Comments(0)

喫茶ルプラ

大阪は鶴橋
女子チームがコリアンタウン満喫
となれば、あたくしは用済みなので
近辺に珈琲探索でも

鶴橋駅から徒歩10分くらいに住宅街に
佇む、喫茶店発見
その名も「喫茶ルプラ」
店先の本日のランチが
ぶり大根と他にもなんか
色々ついてたんですが
スマート珈琲で腹いっぱいだったので
珈琲のみの注文
いやー食べたかったな
e0132713_05483551.jpg
店内は昭和喫茶王道のスタイル
今時でも禁煙可能なスタイルで。
(賛否両論ですが)
当然
「初めての店はブレンド」
なマイルール発動で
e0132713_05483658.jpg
酸味は少なく、ガツンも抑え気味
香りがどーのこーのなサードウェーブ系でもなく、リーマンが
「ブレンド」
って注文して食後に飲んで
「さ、仕事に行くかー」
と日常に溶け込んだような味。
悪く行ってるわけじゃなくて
あたくしの表現力が乏しいだけなんですけど、雑誌読みながら30分ほど店にいたんですが、なんだか居心地よくて
そんな中にこの珈琲も溶け込んでいた。
うーん、難しいな表現が。

お店の隣には焙煎機
そー
自家焙煎なんですねココ。
豆売りもしているみたいです。

日常的に使えるこんな店が
近くにあるといいんですが。
e0132713_05483867.jpg


by keirinyuko | 2018-04-12 23:59 | 珈琲 | Comments(0)

スマート珈琲店

さて
大阪に向けて出発する前に朝食を。

だって、3時起きで4時出発だったもので。
いろいろと情報収集はしていたのですが、実際には移動の時間や
駐車場の手間を考えると、あまり入り組んだところにも行けず
e0132713_05471189.jpg

と、近くに過去に行ったことのあるスマート珈琲店が
朝からいい香りを醸し出しながら営業中
e0132713_05471244.jpg
メニューを見ると
しっかりとしたモーニングと
なんだかパンチがありそうなサンドウィッチが
だれがどれを頼むかで多少、もみ合いになりましたが

e0132713_05471445.jpg
こちら通常のモーニング
e0132713_05471645.jpg

こちら
極厚フレンチトーストに WITH メープルシロップ
e0132713_05471730.jpg
そしてこちらがサンドウィッチ
いや、卵焼きパン
コレステロール高めな気もしますが、恐らく味付けは塩とコショウなシンプルな味
ふわっふわ、熱々の卵焼きがサンドされていて相当、旨い。
e0132713_05474462.jpg
ブレンド珈琲は
これらのフードメニューとしっかりと共演を果たせる
空気の読めるいいヤツでした

e0132713_05474507.jpg

いろいろ調べてたらたどり着いたコレ
いつか訪れてみたい

by keirinyuko | 2018-04-09 23:12 | 珈琲 | Comments(0)