人気ブログランキング |

いつもこころにコロコロを


by keirinyuko
カレンダー

<   2018年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

DAY26 180225




ずーっと避けていたセイモア
どうしても下山ルートが林道なので無理できないかと避けていたんですが
ここに来て、いや、満を持してデビューとなりました。

ま、ソコソコ滑れるようになったことが決め手というよりも
夜勤明けで倍ほどの距離があるいつものゲレンデに向かうのが億劫になったので
半ば賭けでした。
e0132713_08435732.jpg
が、親の不安をヨソにメキメキと滑る。
「おい、あぶねーぞ!」
と思いきやスルっとターンを決める。
そっか。逆に狭い林道や障害物があることで、思わずかどうかわかりませんが
ターンのきっかけを作って滑ってる。

「よくやった。感動した」
と例の昭和の名場面的セリフで褒めてやったところ
「クレープよりマックのポテト」
とご指名がありましたので、喜んで褒美を。

ただ、本人は「楽しい」も「楽しくない」もないという
「ま、行ってもいいけど」
という感じらしいです。

それぞれに価値観がありますからね。
こればっかりはしょうがないし、「行くか?」って聞くと
「行ってもいいよ」
と返事してくれるだけありがたい。

当然、オリンピックを目指してほしいわけでもそれこそプロになってほしいとかは
まーったくないですし、中学とか行って興味なければ(そうなりそうですが)
やめちゃうだろうし、それはそれ。
「あー昔、スノーボード行ってマックのポテト食べたな~」
くらいの思い出になってくれればです。

とは言え、楽しみを共有(おれだけか?)できて
父ちゃんは嬉しいです。

e0132713_08435808.jpg
のりピー、写真THANX!

by keirinyuko | 2018-02-28 02:26 | snow | Comments(0)

DAY25 180223

姿勢低く!
目線、右腕を上に!
BSは腰を上に!

忘れんなよ!
e0132713_17033369.jpg
ハイク2本で
リフト1本

「パイプはハイク」
リフト乗っちゃうとリラックスしちゃってダメですね。集中力が途切れちゃう感じで。あと、ハイク中に人の滑りも見れるし、狙いたいライン、飛び上がりなんかもイメージできて。(あってるかどうかは別といたしまして)ただ、失敗続きの悔しさ満載なんで、リフトまでガーって滑るといい気分転換
e0132713_17033995.jpg
とは言え
資金が途切れましたので
来週はハイクオンリーですな。
運動不足解消っつーことで。
e0132713_17034656.jpg


by keirinyuko | 2018-02-23 17:03 | snow | Comments(0)

DAY24 180222

ネコの日
(なんの思い入れもありませんが)
前回のアローザでクローズだったので
リベンジパイパイ(初パイパイ)

黄色の板では当分無理なので
こちらをチョイス
板をいい訳にできなくなったわけで
e0132713_16164683.jpg
土曜日トライした姉さん
e0132713_16230301.jpg
のLINEアドバイスも虚しく
「サイコーの一発」
には、ほどほど遠い
恐怖心もなく挑めているのに
まーーったく抜けれない
やれボトム落ち
やれやれ。

もちろん、できるとは思っていないし
もっとやれる!
とかではなく、
「もうちょっとこうか?」
と思っても、全然体が思い通りに
動かない。まーったく何しに行ったの?
くらいの勢いです。

不甲斐ない
ここ数年でも味わったことのない
悔しさ

あー悔しいマジで。

とりあえず
「パイプはハイク」
を守りつつ
(もちろんリフトも乗りますが)
明日
またリベンジ!
e0132713_16164868.jpg


by keirinyuko | 2018-02-22 22:22 | snow | Comments(0)

DAY 23 180220

リフト降車を盗撮って?
e0132713_01174488.jpg
ひっさしぶりの晴天
ズン券あるからセイモアってのも
いいんですけど、
スノーボード普及活動の一環で
職場の初心者指導にてアローザ
ついでにパイプもって思ってたら
マシーン故障でクローズ

人に教えるって難しいけど
おかげで娘っ子の指導のイメージも
掴めて良しではないか。
あー
教えるのって難しい。

by keirinyuko | 2018-02-22 17:00 | snow | Comments(0)

DAY22 180218

週末になると子供と滑りに行くには
微妙な天気ってのが今年の流れ

この日も予報では若干荒れるって。
とにかく向かって、アレなら
クレープ食って帰ろうと
それに釣られてお嫁さんもご一緒
e0132713_01101436.jpg
そーなると
娘っ子もいいとこ見せたくて
テンションアップ。
元々、運動苦手の
チャレンジスピリッツ低めで
設定されているんで
成長具合は亀なんですけど
e0132713_01134039.jpg
まー
楽しければいいんでないでしょうか。
e0132713_01125298.jpg
もう少し滑れるようになれば
滑りに慣れれば林道デビュー間近か?
すれば、セイモアデビューも間近?

by keirinyuko | 2018-02-22 16:09 | snow | Comments(0)

DAY21 180217

相変わらず、北陸らしからぬ寒さ
しかもこの日は降雪、ガス、強風にて
な状況とあらば、ゆっくりのんびり滑走も休憩も。


何気に今シーズン一緒に滑るのは初めてのアイツと
ゆっくり春先の話もできて満足な1日

ゲレンデに向かえばなんとかなる
e0132713_18303842.jpg


by keirinyuko | 2018-02-21 18:30 | snow | Comments(0)

DAY20 180214

街にはうれしくない寒波も
我々にとっては、ですが
前日はこれまでの降雪も相まって、まさかのゴンドラ終点で
ゴンドラ自体が降り積もった雪と接触してしまう恐れあり
ということで終日、ゴンドラストップでの排雪作業

から明けての快晴バレンタイン
リフト券購入と共に手渡されるチョッコレイ
袋に書かれたメッセージに押忍!
e0132713_06030957.jpg
ということで全力投球的に落ちてみましたが、1発目は着地失敗
2発目で成功するも、精神的におかわりいらず
やっぱり、撮るのも撮られるのも難しいもんですね。

e0132713_06023685.jpg
珍しく、午前中は気温も低くサラ雪に名残押しつつも
北陸で一番の寒波被害を受けた福井県へ


「前日はたったの50センチの降雪よ」
ともはや、感覚がマヒしてしまっている発言ですが
2車線がジョセツにて1車線化、そしてジョセツ車やトラックなどで渋滞
ジョセツ、ジョセツで疲れきった町の人たち



e0132713_06045026.jpg
にしても
なぜかここSQUALには次から次へと人が集う。
寒波のあーだこーだはもちろん
寒波にカンケーない話ももちろんで
コーヒー淹れながら、あったかい時間をいただきまして。

e0132713_06045211.jpg
e0132713_06045361.jpg

にしても
みんな、ジョセツの事も考えつつ
ぜーったい、どっか滑りに行くことも考えてソワソワ、ザワザワしてたんだろうな。
来年、雪降らないんじゃないかって心配になってきた。


e0132713_06045509.jpg


by keirinyuko | 2018-02-20 00:01 | snow | Comments(0)

DAY19 180213

夜勤明け
またもやちょっとでも遠くに行くのは滑れても躊躇するような4,50センチの降雪

っつーことで職場近くのゲレンデへ
寒波後の雨で大きい面は雪崩、今期ほぼ終了の予感
ですが、ですが
残りのワンコースで3時間遊べるという奇跡な1日
それでいてバリュー価格

たまにな写真の撮りあいっこも
なかなか難しいもので、考えながら経験していくしかないな
e0132713_05553063.jpg


by keirinyuko | 2018-02-17 07:55 | Comments(0)

DAY18 180210

寒波後の雨予報
午前中は持つだろうということで急いでセイモアへ


さすが、ここ数年、いや記憶あるうちでは最高の降雪量では?
e0132713_03094727.jpg
ただ、連日の雪かきのおかげか体がすっきりしない疲労であまりスイッチ入らず
1時間ほどで下山、するとちょうどよく雨がふりはじめ

雪かきがおっつかない町内は雪がグチャグチャになってあちこちでスタックしまくり
鈍足ながらも走破性最高のジムニーで5台ほど引き上げる。


e0132713_03094936.jpg
そして
スコップ豆

e0132713_03095257.jpg

まー
しょうがないんでご褒美を挟みつつ
またジョセツ
e0132713_03095449.jpg

by keirinyuko | 2018-02-16 11:15 | snow | Comments(0)

不憫 平昌の風

ただでさえ賛否のあるオリンピックスノーボード

でも、単純に他のスポーツ同様、そのために4年間という時間を費やし
それぞれの国を背負い、そして「今」のスノーボードを世に伝えるべく

そういうものだと思っていた。

お噂通りの突風の中
なにか理由があるにせよ、延期せずに予選なしの決勝各2本

ベストなトリックどころか
転ばずに完走すれば上位という争い

「いや、みな同じ状況でしょ?」

いやいや、ちゃんと見ました?
できるだけ風が弱まるタイミングでスタートしても
最後のキッカーで突風が吹いてあえなく飛ばない、飛べない。

「運も味方」

そうかな~。
もう、誰一人ベストトリック狙ってないし
狙えないでしょう、あれじゃ。
怪我せず滑り終えただけでも、安心。
そう、満足でなく安心。

という議論はもうネットを巻き込んではじまってますが。

うちのなーんも知らん親なんかから言わせると
「なんだよ、みんな転んでばっかりで。スノボーってこんななの?」
って印象みたい。

それが悔しい。
オリンピックのスノーボードがスノーボードの全てではないし
そういう方向性のスノーボードもしていないし。
でもね、でもね。
やっぱり、最新のサーカスみたいなトリックがビシバシ決まって
「スノボーすげ~」
て言われてほしかった。

日本だけでなく、出場選手みんな悔しかっただろうな。
もう最後は日本の応援というよりかは、もう誰でも構わず
「立て~~~~」
って願ってたもんな。

スノーボード、オリンピック
と聞けば必ず思い出すのが2002年のヘイキソーサ
最高!

日本チームのコーチが西田崇っつーのもなんだかムネアツだったな。


by keirinyuko | 2018-02-13 01:54 | snow | Comments(0)