人気ブログランキング |

ヒトトナリ

ここ最近のハイキング(登山)の時はいかに荷物を軽くするか、減らすかというのが一つのテーマとなっておりました。
そういった流れを「UL(ウルトラライト)ハイキング」なんて言われたりもしています、世の中では。


先日の「金沢トレイル」でのベテラン陣の荷物は2泊3日ながらもかなりの大荷物。「そんなに何入ってるんだ?」と思っていたら、1リットルペットボトルのブレンディー(コーヒー)や缶詰だったりして。夜も、普通にネマキなジャージが出てきたし。
e0132713_13595639.jpg







こちらの超ベテランは作業着に、十数年前の好日山荘オリジナルのザック。外付けでサンダルとバナナ、腰にはナタで荒れた登山道をバッサバッサと切り倒してました。知識も豊富、1歩あるけば何かしらのトリビアが出てくる始末。話もおもしろいし。初日の夕食はカップ焼きそば、しかも「これだけ人がいるんだから」と火器類は一切持たずにお湯を沸かしてもらうスタイル。3日間の行動食(昼食)はタッパーに入った「とち餅」
e0132713_13595820.jpg
普段は同じような嗜好の人と歩いているからなんだか同じようなかんじだったけど、「軽い」とか「重い」だけでなく「その人らしさ」を担いでるんだな、と。ギア(道具)も重要なんだけど、それよりもやっぱり山を登る、歩く、そこに居るってことが重要なんだなと改めて考えさせられた次第。そう、つまり「事件は現場で起こっている」ということです。(違うか)

by keirinyuko | 2019-05-14 01:43 | Comments(0)