人気ブログランキング |

金沢トレイル 2泊3日

皆さん、「ロングトレイル」という言葉をご存知でしょうか?

ご存知でない方はこちらをクリック!(便利な世の中です)

日本にもいくつかございまして、有名な所では「信越トレイル」「塩の道トレイル」などなどあります。ここ金沢にも「金沢トレイル」なるものがありますが、こちらは里山保全を中心に金沢城を起点に里山を繋ぎ、白山ヒメ神社を目指すというものです。まだまだルート作成中、トレイル整備中でオフィシャルでのオープンは未定で昨年は予定コースを日帰り×5日間の開催だったみたいですが、今年は初の連泊での開催ということで、この未知なる道を体験するべく参加してみました。基本的には人見知りの(最近ではそーでもなくなってきましたが)独り歩き好きですが、地元の里山を知るきっかけと、あわよくばこのトレイル制作に少しでも関われたらという想いでの参加を決意。だって、自分が整備したり携わった道があるって、なんか素敵。
e0132713_07233310.jpg





総勢13名(うち6名は関係者なのでフリー参加は7名)でまずは金沢城を出発。朝方まで結構な雨でしたが、出発直前から最終日まで晴天。

e0132713_07233439.jpg
お泊り装備のでっかいザックに登山靴の集団が観光名所である東山を抜けていく。ロングトレイルは登山とは違うので、途中に舗装道路を歩く事もあれば、当然街中もスルりと抜けていきます。

e0132713_07233548.jpg
卯辰山、金沢大学を「え?こんなところにトレイルが!」という具合でズンズン進んでいきます。国土地理院の地図を穴を開くくらいまで見て、地元の人たちからの情報を基に、さらに許可を得て長い年月をかけて苦労して繋いだ道。今は道しるべもないので(オープンする頃にはあります)これを1人で歩くのは至難の業。そうこうしているうちに戸室山。あるのは知っていたけどマイナー過ぎて荒れているだろうと思っていたけど、きちんと整備されていていい場所だった。四の五の言ってないで「行け」ってことだな。

e0132713_07233638.jpg
1日目は普通のキャンプ場に泊まりました。全員、テント持参かと思いきや、自分含め4名のみ。ま、そこも自由でいいんですけど、やっぱり衣食住を担いでたくさん歩くのは好き。夜は焚火を囲みながら談笑。年齢も職業(ってだれが何しているかってほとんど聞かなかったけど)も関係なく和気あいあい。ただ、登山とは違うし里山に絡んでる人たちが多いので、そこらへんの事情や昔の暮らし、今の現状などなど大変興味深く、勉強になるありがたい話ばかり。ヘタにそれなりの期間、歩いてきたので、どうしても自分の嗜好だけに走ってしまいがちで、偏ったところがあったなと反省。多少(あくまで多少ですが)外にでるのも悪くないと思った。


e0132713_07233794.jpg
2日目は振舞われたバナナを装備に加えての出発。前日、飲み過ぎて食欲がなかったのはここだけの話。(それくらい、いい夜だったということで)5月にしては気温が低く(5度はなかった)、装備が少し足りなかったせいで寒い夜だったな。お酒のおかげで眠れなかったことはなかったけど、これもまたいい経験として。
e0132713_07242357.jpg
2日目は普段からもよく通っている「医王山」から「奥医王山」を、これまで通った事の無かった横谷峠の道を抜ける。これが、歩いても歩いてもなかなかたどりつかない。初めての道なので「あとどれくらい」歩いたらいいのかもわからず、な不安って相当精神的に堪えた。あと、分かってる人の「もうちょっと」は「あと1時間」くらいに思ってないといけないようです。それくらい遠かった。7時30分歩き始めで2日目のゴールである湯涌温泉には16時到着。休憩込みではありますが8時間30分歩いたことになります。湯涌の総湯につかる、トレイルの途中で温泉にってのもなかなかオツ。温泉街の食堂に行く人もいましたが、自分は食料もあったので宿泊先のゲストハウス(キャンプできる場所を模索中)で食べ&飲み。ここでも先人たちのありがたい話で盛り上がり。普段、携帯するのに重宝している「カレーメシ」でしたがさすがに3食はきつかった。連泊の食糧も見直さないと。

e0132713_07242788.jpg
最終日の3日目は高尾山と吉次山を縦走し、熊走町で待ち構えているであろう送迎バスまでの道のり。途中、炭焼き現場を見学、なるほどなるほどでこれまたいい勉強に、日々勉強であります。

e0132713_07242970.jpg
5月のちょうど芽吹き始めた森の中はひたすらに気持ちよく、この日は最終日と言う事もあってか参加者全員足どりも口も軽やかだった。前日、水不足を経験したのでこの日は多めに担いだけど、ほぼ里なのでもちろん立ち寄れる店や自販機、特に女性に関してはトイレもないのでここら辺は課題かと。それでも地元の方、愛するか方たちによって整備された道をありがたく歩かせていただく。
e0132713_07250853.jpg

後半、クライマックスは棚田をすり抜けるようにあぜ道を歩く。ほんとに気持ちよかったな。3日間で総移動距離45キロほど。本来ならそれなりの達成感を感じるはずだけど、そこまでいかなかったのは、このトレイルにはまだ続きがあり、ここがゴールではないから。10月には後半戦が開催されると言う事なのでできれば参加してゴールしてみたい。
e0132713_07251030.jpg

この日のゴールだった熊走町からはチャーターしたバスで金沢駅まで送迎。電車で地元に帰るんですけど、GW真っただ中のそれなりに込んでいる中、着替えもなく汗臭いってのが非常につらかった。この旅で1番の。日々勉強になりました。
e0132713_07251275.jpg

帰宅して片づけをしたら、3日間の家族への感謝を8番らーめん奢りと言う形で表現してみました。ここぞとばかりに「普段、そんなに食べないじゃん!」ってくらい注文しててびびったけど、いつもなんのオトガメも文句も一つなく快く送り出してくれることに、ただただ感謝でございます。

e0132713_07251375.jpg


by keirinyuko | 2019-05-09 02:08 | ロングトレイル | Comments(0)