いつもこころにコロコロを


by keirinyuko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

中能登トレジャートレイル2018

準備不足は否めないですが
中能登トレジャートレイル2018 50キロ

嫁の実家が会場近くという事もあり昨年同様、みんなでお泊り
の前に夕飯を石川ローカルチェーン店である「おたふく」の鳴和店で。
e0132713_05024422.jpg





当日は6時前には会場イン。スタートは7時からということで受け付けと準備体操。
もうここまで来たらやれることは限られているので、思っていたよりかは心中穏やか。
天気もまずまず。なんか去年よりも人が多いなーなんて思っていたら、やっぱり参加者は過去最高との事。素晴らしい。
e0132713_05024634.jpg

そんなこともあってか、トレラン界のレジェンド鏑木剛氏のテンションも高め。スタート直前までしゃべりっぱなし。それにしてもホントいい人だな。で、そんな彼の話の中でもピンクテープが道しるべ、それを頼りにコースを間違えないようにとのこと。「昨年、どうやら富山県まで行った人がいる」発言もありましたが、それはあたくしの事です。レースに耐えられるか?の心配よりも、コースも間違えないか?ってほうが心配だったな。そうこうしているうちにカウントダウンも始まり、レーススタート。順位はきにしてないんですが、目標は7時間切りと身内3人には負けたくないってことだけは確か。前半、苦手なロードでは身内はみんな先に行かせて、山に入ってからの勝負に掛ける。ただ、そんな身内にも頭のイカレたモンスターが1人いまして、前日に受付も可能なんですが、金沢から往復130キロの距離をロードバイクでかました輩がいまして、「あいつには勝てない」と薄々感じてはいました。


e0132713_05024839.jpg
当然、必死なんで画像はほぼありません。
第1エイド(約15キロ付近)でまずは身内1人を射程圏内に。その後もしばらく一緒だったのですが、山に入ってからは置いてけぼりにしてやりグングン先を急ぐ。第2エイドまでは割と調子よく走れていたんですが、第2~第4エイドまでがなぜかキツかった。足が進まないし、上がらない。平坦な道でもペースが上がらず、エネルギー切れか?と思い、ジェルを補給する。後半まで我慢したかったコーラにも手を出すもまったく回復せず。どっか痛い、というのではなく足が進まない。
e0132713_05024979.jpg
ここ
ちなみに後ろ向きの看板みたいなところを山の中に入っていくのですが、去年はそのままロードを左へ、そして富山へこんにちわだったのですが、これどう見ても間違えないですよね?身内は優しいので「今年はわかりやすくなってましたよ」と気休め的に言ってくれましたが。
e0132713_05033585.jpg
それにしても足が進まない。第4エイド手前、どフラットな民家を通り抜ける道で走る事もできず、歩くしかなかった。何人にも追い抜かれ、女子にも抜かれたのにはさすが悔しかった。走れていれば…(ちなみにその女子は女子部門で3位と4位)でしたが)「これもう目標は無事にゴールすることだな」と思ってしまうくらい調子があがらなかったので第4エイドではゆっくり休むことに決定。とりあえずエイド名物の水餃子を2杯補給、コーラもポテチもチョコレートも何でも口に入れて。まだ食えるだけマシか。ここまで座ることは無かったので用意されていた椅子に座り、割と入念なストレッチを。エイドボランティアのおばさま方もやさしく声をかけてくれる。そのおばさま方のお揃いのピンクのポロシャツの背中には「自分の健康は自分たちの手で」とみつを的なフォントで書かれている。す、素晴らしいっす。いや、大会を通してホント地域の方たちの手で作り上げられていて、ほんわかムード。各エイドにきゃわゆい子もたくさんいておじさんにはありがたかった。第4エイドからはしばらく緩めのロードからのこの大会の見どころでもある、終盤の長くてキツい登りが待っている。恐らくコース設定をしていた時の鏑木氏は「ここだよね~、これがトレランの魅力だよね~」とニヤけていたはず。ここまでで若干、股関節に違和感もあったので早めの痛み止めを飲む。「とりあえず行けるとこまでゆっくりでも走ろう」と立ち上がると、なんだか身体が軽く感じる。そのタイミングで身内2人目が第4エイド到着。いつの間にか抜いてたのね。ということは残る身内はモンスターしかいないけど、もうそんなのどうっだっていいわ。まさに自分との闘い。イヤホン装着し準備していたドーピングプレイリスト注入。走り出す。うん、悪くない。時計をチラリ。どうも7時間切りは微妙だけど、去年のタイムよりは幸い速いペース。走れそうだ。さっきまでの不調はどこへやら。最後の急登も終盤にしてはグングン登れてしまう。さきほど抜かされた女子も射程圏内に。しばらく並走し引っ張ってもらう。さすがトレラン上級者(たぶん)。がしかし、大好きな下りが始まればお先に行かせてもらう。山間部をかなりいいペースで抜け、時計をチラリ。7時間切りまであと9分、残りは約2キロってことは1キロ4分30秒ってこれ普段でも出さないタイム。しかし、諦めてはいけないし、こういうシチュエーション嫌いじゃないっす。(ない方がいいけど)そっからはもう「ひ~ひ~」声を出しながら力の限りの激走で、ゴール付近に到着後も周囲の応援の声にもうなずくことしかできなかった。最後のコーナーを回りゴールが見えた。ぶわ~~っと何かが沸き起こり鳥肌立ってた。そしてゴール!

MCハタナカ(まさかの同姓)にマイク向けられるもお構いなしで、レジェンドに50キロ担いできたサインボール(©uma)とペンを渡す。「サインボールに書くの初めて」って最高の褒め言葉をいただきまして。

e0132713_05033664.jpg
とにかく今回はコースロストもなく体力的にもやりきった感あり。ただ、終盤ならまだしも途中だけ走れなかったのは未だ謎。
一緒に参加したみんなもそれぞれ満足いく結果だった。良かった、ヨカッタ。
e0132713_05033739.jpg
レジェンド鏑木毅氏は50歳にして100マイルレースの最高峰UTMB挑戦中(今年は体調崩して参戦できませんでしたが)。そんなあたくしは、惜しくも目標の7時間切りまで1分オーバー。あ~悔しい。来年?来年ですか?ね、すっきりと終われないもんですね。引退宣言したかったんですが、これで終わりにしていいかはもう少し考えようと思います。とりあえず、雪降るスノーシーズンまではこの季節最高の低山を攻めまくりたいと思います。(トレランではなくハイキングで)

押忍!押忍!押忍!
e0132713_05033842.jpg

[PR]
by keirinyuko | 2018-11-14 03:13 | ランニング | Comments(0)