いつもこころにコロコロを


by keirinyuko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

不憫 平昌の風

ただでさえ賛否のあるオリンピックスノーボード

でも、単純に他のスポーツ同様、そのために4年間という時間を費やし
それぞれの国を背負い、そして「今」のスノーボードを世に伝えるべく

そういうものだと思っていた。

お噂通りの突風の中
なにか理由があるにせよ、延期せずに予選なしの決勝各2本

ベストなトリックどころか
転ばずに完走すれば上位という争い

「いや、みな同じ状況でしょ?」

いやいや、ちゃんと見ました?
できるだけ風が弱まるタイミングでスタートしても
最後のキッカーで突風が吹いてあえなく飛ばない、飛べない。

「運も味方」

そうかな~。
もう、誰一人ベストトリック狙ってないし
狙えないでしょう、あれじゃ。
怪我せず滑り終えただけでも、安心。
そう、満足でなく安心。

という議論はもうネットを巻き込んではじまってますが。

うちのなーんも知らん親なんかから言わせると
「なんだよ、みんな転んでばっかりで。スノボーってこんななの?」
って印象みたい。

それが悔しい。
オリンピックのスノーボードがスノーボードの全てではないし
そういう方向性のスノーボードもしていないし。
でもね、でもね。
やっぱり、最新のサーカスみたいなトリックがビシバシ決まって
「スノボーすげ~」
て言われてほしかった。

日本だけでなく、出場選手みんな悔しかっただろうな。
もう最後は日本の応援というよりかは、もう誰でも構わず
「立て~~~~」
って願ってたもんな。

スノーボード、オリンピック
と聞けば必ず思い出すのが2002年のヘイキソーサ
最高!

日本チームのコーチが西田崇っつーのもなんだかムネアツだったな。


[PR]
by keirinyuko | 2018-02-13 01:54 | snow | Comments(0)