いつもこころにコロコロを


by keirinyuko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

妙高山〜火打山 10月22日・23日 Part2

妙高山から火打山への縦走ルート。
とにかく、ひとつひとつが大きい
岩場をうんしょと下り
そして登る。
ポールが使えず、3点支持で。
黒澤ヒュッテまで記憶ではほぼ
登っているか下っているかのイメージ。
休む間もないし
足パンパンだし。過酷だ。
日本三大急登と呼ばれる
ジャンルがあるんですが
これよりもキツイのか?
無理だわ。

e0132713_11081332.jpg

おまけに景色もドンヨリなままで
テンションを上げる材料が見当たらない。
e0132713_11081339.jpg

本当にこの時は
もう歩くのが嫌でしょーがなかったし
本来、幕営予定地ではなかった
黒澤ヒュッテで今日どうするか決めよう
と思うほど心が折れてた。


黒澤ヒュッテ到着。
ん?
人の気配がしない
とよーく見てみると
「今期営業終了」のご案内が。
e0132713_11081412.jpg

はい、そういうことですね。
歩きますよ、はい。
e0132713_12000169.jpg


e0132713_11081457.jpg

黒澤ヒュッテを越えると
黒澤池を取り囲む湿原。
平坦な木道。
あー和むわーと40分ほど歩いたところで
下山する方向に向かっていることが判明
どーやら黒澤ヒュッテで分岐してるようだったんですが、そんな案内見てない。
まー確かに「小屋終了」のショックは
あったもののそこまで見失っていたとは。

本来であれば
もう高谷池ヒュッテに到着してたはずが
コースタイムにしてプラス50分。

もうここまできたら
目的というかテンション上げる材料は
アルコールしかないでしょ。
軽量化のためにビールは担がず
カップ酒のみ傾向してたけど
ヒュッテで
1本ビール買おうと思ってたけど
2本だ2本!

とかって考えてたら
20分ほどでテント場到着。

e0132713_11081582.jpg

テントの受付より先に
ビール購入。2本ね、2本。

過去、最速でテント設営しプッシュー。
ビールが喉を通り過ぎるのと同時に
過酷だった道のりの記憶も軽くどこかへ。
「いやー山サイコー、
ソロお登りサイコー」
って。
e0132713_11081586.jpg

3時に石川県を出て7時登頂開始。
時計は15時を指していた。
道を誤りもしたが予定コースタイムを
1時間ほど短縮。
しかも
行かないはずの道も少し把握できたっつーことで、ビールもすぐ回って心地いいし
結果オーライでしょ!
って完全にアルコール様のおかげ。
e0132713_11081504.jpg

その後も
ビール
カップ酒と繋ぎ
最後は最近の定番カレーめしで締め。
e0132713_11081626.jpg

最後に時計を見たのは19時。
そこから爆睡。
なんだかいい予感をさせる月明かり。



e0132713_11081637.jpg



[PR]
by keirinyuko | 2015-11-02 03:28 | 信越の山 | Comments(0)