いつもこころにコロコロを


by keirinyuko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2015年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ANTHEM アンセム

なつかしいな~。
ではなくて、

記憶のの奥底にある音楽を掘り起こされる瞬間。
そして、なんだか前に聴いた時よりもグッと入ってくるし、理解できる。

いい音は色褪せない。



[PR]
by keirinyuko | 2015-11-25 18:48 | 音+LIVE | Comments(2)

そういうことなのかも

ヒトエに20年
成人しちゃうってことですよね、
お店ができた年に生まれた人は。


福井のスケートボード、スノーボード
ファッション、音を
提供しつつカルチャーを伝道している

けど
まー細かいことは抜きで、とりあえず
(個人的見解ではありますが)

SQUAL 20年
の集いに参加させていただきました。

キッカリオープン時間に到着するも
e0132713_13115138.jpg

きっちり始まるわけでもなく
当然のことのように
福井の名店
「珍珍亭」
で乾杯。
e0132713_13115163.jpg

乾杯
e0132713_13115168.jpg

カンパーイ!
e0132713_13115148.jpg

e0132713_13115282.jpg

e0132713_13115240.jpg

DJ陣の音に踊らされ
KENNY PRIEST氏の歌声に酔いしれる
(トリハダものでした、いい声すぎて)

e0132713_13115293.jpg

集まって来ている人が
みんな笑顔なのは当たり前なんだけど

オーナーのSUSANGが
これまた楽しそうで。

ここ数年しか知らない自分だけど。

とにかく
そこにあったのは

お店とお客さんが
愛し、愛され
つまり愛し合っている
そんなLOVEな雰囲気を
多いに感じられた1日。



20年間育まれてきた愛
そしてその愛が永遠であることを
願いつつ

とか言葉を並べるよりも
とりあえず
オメデトウゴザイマス
これからもよろしくお願い申し上げます


e0132713_13115228.jpg


[PR]
by keirinyuko | 2015-11-24 12:05 | snow | Comments(2)

smart coffee

清水寺の早朝拝観に3時間ほど費やし
金閣寺へ向かい
昼食後のおやつタイムに伺ったのは

昭和7年創業の
「smart coffee」

同じ頃からあるような
昭和アーケードに佇む
e0132713_16083643.jpg

e0132713_16083660.jpg


昭和スタイルな1杯は
まさにブラックコーヒーな味。
ガツンと来る苦味。
あとを引く酸味。
e0132713_16083736.jpg

と来れば甘いものと合わないわけがない

これまた
昭和スタイル
というか
パンケーキでなくホットケーキ
e0132713_16083751.jpg

そして
プリン
e0132713_16083794.jpg

有名店
名店
だけあってしばし待たされましたが

京都にこの店
京都だからこの店でしょうか。

いずれにしても
ここの制服も
接客もスマートでサイコーです。
e0132713_16083814.jpg



[PR]
by keirinyuko | 2015-11-18 01:00 | 珈琲 | Comments(0)

ARABICA COFFEE

急な思いつきで行った京都

京都に行ったら絶対に行こうと思ってた
そう、マストな店
ARABICA

e0132713_16061682.jpg

京都に2店舗あって
嵐山店ではなく
清水寺近く、法観寺を眺めながら
ケメックスに落とされる
ネルドリップでいれられた味は
深くほろ苦い、苦いでなくほろ。
そう、ビターな。

e0132713_16061774.jpg

嫁はラテを注文。
基本、
ドリップしか飲まないけど1口頂く。
ごめんなさい。
ラテっていいよねー、なんか優しい。
こちらの女子は、清水寺通りで
買ったせんべいを食ってご満悦。
e0132713_16061718.jpg

そうそう

今までの
自分の好みがアップデートされたので
400g購入。
現地でしか購入できないもどかしさ。

京都土産はぜひこちらでお願いします。
e0132713_16061813.jpg


[PR]
by keirinyuko | 2015-11-17 09:05 | 珈琲 | Comments(0)

こずえ食堂

妙高山&火打山からの帰り
教わっていたお店
「こずえ食堂へ」
国道?沿いの
トラック野郎御用達的な
佇まいからして間違いない様子。
e0132713_16045677.jpg


教わっていた豚汁を当て込んだ
スタミナ定食¥980を注文
e0132713_16045756.jpg

やはり
そうか
マチガイナイ。
豚汁は玉ねぎと豆腐、そして豚肉
がたっぷりとありがたい感じで。

スタミナの由来はタレたっぷりな焼肉
を指しているのか
はたまた、山かけを指しているのか
はこの際、関係なく
山かけを焼肉のタレでかき込むと
これまた、マチガイナイわけで。
e0132713_16045713.jpg

1泊2日の山旅から
定食食って
3時間の道のりはなかなかの苦行

3つ目の頂もサイコーっした。
e0132713_16045711.jpg


[PR]
by keirinyuko | 2015-11-16 02:00 | eat | Comments(0)

火打山〜妙高山 下山編

火打山を機嫌よくテント場まで下り
昨日は最悪だった妙高山から眺めに
想いを馳せながら撤収し
いざ出発。

昨日はルートミスを犯していたので
黒澤ヒュッテまでは正規ルート
つまり、自分にしたら新たな道
ということになるわけで

へー
茶臼山通るんだーっと
e0132713_16024996.jpg

相変わらず気持ち良すぎる草原を抜け
e0132713_16024994.jpg

昨日、鬼門となった黒澤ヒュッテ到着
e0132713_16024909.jpg

そう言えば、昨日ルートミスしたけど
案内はー?
真ん中あたりで倒れているアレ
アレが案内看板
しかも、来た道から見たら背を向けてる
でも
山では甘えは禁物
自分が悪いんです。いい勉強になった。
e0132713_16025013.jpg

来た道を振り返り
朝、登った火打山。
と感慨深い想いも束の間
相変わらずのゴロゴロとした登りを
歩いては休み、休んでは歩く。
ホントしんどかったな。
e0132713_16025074.jpg

高谷池を
出発して3時間かからないくらいで
妙高山到着
天気も良く、結構人で賑わってたので
ささと写真を撮って次へ

e0132713_16025107.jpg

e0132713_16025126.jpg

昨日は真っ白で見えなかった景色

雨だガスだ
でも登るし、
それはそれで楽しかったりもするんで。
でも、天気いいと景色見えると
やっぱテンション違うし
疲労感も違うなー。
e0132713_16025195.jpg

妙高山からはなだらかな道を
時に走りながら進む

今年は月40キロほどを目標に
時間ある時は走ったりしてたおかげか
体力的にはまだまだ歩けるな。

逆に
それを怠ると今後、行ってみたいところ
なんかは難しいんだろうなと思う。

日々精進だな

e0132713_16025205.jpg

1人で歩くと色んなこと考えられるんだけど
まーそれは決して人生や仕事のことでは
全くなくて
今回、持ってきた装備で不要だったなものとか、燃料はもう少しいるなーとか。

あと1日目の天候不良でさぶい思いをしたけど、この装備での限界も感じたし

やっぱり経験って大事だなと改めて。
雑誌とかで、商品のいろんなスペック出てるし、良いものはいいとは思うけど。
「過不足なく」
装備を選ぶことって気持ちいいし
無駄がなくて重さにも関係してくる。
自分にとってオーバースペックかどうか
と言うのは経験しないとわかんないし、
次の課題も見えてくる。
そういった準備段階においても
今回は上手く行ったなー。

あと
自分のしたい登山の形も見えてきたし。

てなことを延々考えているうちに
最終目的地である
無料露天風呂到着

勝手に貸し切りだろーと
タカをくくってたんですけど
紅葉時期なためか
数名入浴されてまして
残念ながら風呂場の画は撮れなかったんですけど、
雰囲気のあるいい風呂
登山直通で体を休めることができるってのもなんとも贅沢
写真で見ると
左側が男湯で
写っている小屋が脱衣所
通路挟んで風呂
になってまして
つまり服を脱いで風呂に渡る時は
完全に見られちゃいます。

気にしてないですけど

e0132713_16025200.jpg

この日は
もう一つお目当ての頂があったため
20分ほど浸かって下山。
あー満足っす。

[PR]
by keirinyuko | 2015-11-09 15:00 | 信越の山 | Comments(0)

叩いてみたシリーズ

若かりし頃にカジったことがあるので、この手の動画をついつい見てしまうのですが。

もう完成度が高すぎて笑える。


この若さでコレならヨシキも安心すね。


なんでか「紅」を演る人が多いすね。

もうね、あれですよ、ドラムは見てないです。
「紅」を選んだ理由がなんとなくわかるような。。。
でも、生足じゃないのね。


デジタル派も


アナログ?派も


XJAPAN は凄いってことですね、多分。
[PR]
by keirinyuko | 2015-11-08 01:30 | 音+LIVE | Comments(2)

火打山登頂編

何度も目が覚めつつ
天気を期待して、ダメだった時の
堕ちる気持ちを考えると
どこかなんの期待もしてなかった翌日

4時頃に外を見た時は
「やっぱりな」
なガースーだったのが

5時すぎになると
ご覧この通り

e0132713_15554649.jpg

もう、昨日寝る前の時点で
火打山には登らずに
帰るシュミレーションだったから
「明日でいいかー」
でテント内グチャグチャで
どこに何があるかわかんない状態。
気持ちだけは焦ってたので
ええいメンドくさいっつーことで
保温タイツのまま出動



徐々に夜が明けていく
e0132713_15554607.jpg

e0132713_15554620.jpg

e0132713_15554656.jpg

テント場から火打山は
ソコソコ距離がありつつ
最後にそれなりの急登で
一気に標高を上げる感じでして
テンション上がっているのもあり
しんどい記憶はございません。
e0132713_15554771.jpg

途中、霜なんかも降りつつ
一面雲海
遮る山もなにもない雲海
e0132713_11544422.jpg


山頂は貸し切りで
テンションMAXだったので
勢いに任せて叫んでやろうと
思ったのと同時に無心で叫んだのは
「ヤッホー」

やはり山ということか。
叫んだ後、ひどくこっぱずかしいかったのですが、いつもなら
「どうも〜」
って半笑いの誰かが登場してきそうな
場面でしたが、さすがにいませんでして
e0132713_15554792.jpg

遠く後立山連峰(白馬岳など)
も拝め最高の景色っした。
e0132713_15554712.jpg

前日の流れもあるんで感動も倍に。



[PR]
by keirinyuko | 2015-11-07 22:30 | 信越の山 | Comments(0)
妙高山から火打山への縦走ルート。
とにかく、ひとつひとつが大きい
岩場をうんしょと下り
そして登る。
ポールが使えず、3点支持で。
黒澤ヒュッテまで記憶ではほぼ
登っているか下っているかのイメージ。
休む間もないし
足パンパンだし。過酷だ。
日本三大急登と呼ばれる
ジャンルがあるんですが
これよりもキツイのか?
無理だわ。

e0132713_11081332.jpg

おまけに景色もドンヨリなままで
テンションを上げる材料が見当たらない。
e0132713_11081339.jpg

本当にこの時は
もう歩くのが嫌でしょーがなかったし
本来、幕営予定地ではなかった
黒澤ヒュッテで今日どうするか決めよう
と思うほど心が折れてた。


黒澤ヒュッテ到着。
ん?
人の気配がしない
とよーく見てみると
「今期営業終了」のご案内が。
e0132713_11081412.jpg

はい、そういうことですね。
歩きますよ、はい。
e0132713_12000169.jpg


e0132713_11081457.jpg

黒澤ヒュッテを越えると
黒澤池を取り囲む湿原。
平坦な木道。
あー和むわーと40分ほど歩いたところで
下山する方向に向かっていることが判明
どーやら黒澤ヒュッテで分岐してるようだったんですが、そんな案内見てない。
まー確かに「小屋終了」のショックは
あったもののそこまで見失っていたとは。

本来であれば
もう高谷池ヒュッテに到着してたはずが
コースタイムにしてプラス50分。

もうここまできたら
目的というかテンション上げる材料は
アルコールしかないでしょ。
軽量化のためにビールは担がず
カップ酒のみ傾向してたけど
ヒュッテで
1本ビール買おうと思ってたけど
2本だ2本!

とかって考えてたら
20分ほどでテント場到着。

e0132713_11081582.jpg

テントの受付より先に
ビール購入。2本ね、2本。

過去、最速でテント設営しプッシュー。
ビールが喉を通り過ぎるのと同時に
過酷だった道のりの記憶も軽くどこかへ。
「いやー山サイコー、
ソロお登りサイコー」
って。
e0132713_11081586.jpg

3時に石川県を出て7時登頂開始。
時計は15時を指していた。
道を誤りもしたが予定コースタイムを
1時間ほど短縮。
しかも
行かないはずの道も少し把握できたっつーことで、ビールもすぐ回って心地いいし
結果オーライでしょ!
って完全にアルコール様のおかげ。
e0132713_11081504.jpg

その後も
ビール
カップ酒と繋ぎ
最後は最近の定番カレーめしで締め。
e0132713_11081626.jpg

最後に時計を見たのは19時。
そこから爆睡。
なんだかいい予感をさせる月明かり。



e0132713_11081637.jpg



[PR]
by keirinyuko | 2015-11-02 03:28 | 信越の山 | Comments(0)
1泊2日の予定で
日本百名山の
妙高山と火打山を楽しんできた。

今年はなぜか休日になると天候不良。
今回も近場の里山も含めて
1ヶ月ほどはお登りと遠ざかってたわけで

1週間ほど前から天候チェック。
予報では曇り後ハレ

と言うことで早朝出発
3時間で到着。

ハヤる気持ちを抑えつつ
お登り中はほぼエナジーバーのため
登山前にしっかりペヤング

はずがかやく入れ忘れる
という
なんとも不吉な予感をさせるオープニング
e0132713_02402158.jpg

ともあれ
登山道確認後、出発。

e0132713_02402255.jpg

今回、登山口に選んだのは
笹ヶ峰→高谷池ヒュッテ→
火打山→妙高山→高谷池ヒュッテ→笹ヶ峰
のメジャールートではなく

豪雪地帯有名な関温泉
のさらに奥地にある
燕温泉登山口を起点とし
妙高山→高谷池ヒュッテ→火打山
を回るルートを選択

1日目の行程が燕温泉登山口からだと
コースタイムで8、9時間かかるものの
下山途中に露天風呂があるという
理由だけでこちらを選択

お登りにはロマンが必要だと思いますので
e0132713_02402209.jpg

ほんの数分歩くと
秋の装いたっぷりな林道
そして登山道へ続く。
e0132713_02402289.jpg

e0132713_02402392.jpg

どんよりな中でも
案内はしっかりとしてて
そんなに辛い箇所もなく

問題の鎖場
e0132713_02402385.jpg

高所恐怖症ミドル級としては
思っていたほど距離もなく
鎖を使わずとも
といった感じ。

ではありますが
所々で高度感を出してくるので
油断禁物
e0132713_00121504.jpg


そうこうしているうちに
何やらポツポツと。
「いや〜そうじゃないだろう」
と言い聞かせるも徐々に激しく
風も強くなってくると
そう
「ペヤングの悪夢」
もしくは
「かやくの呪い」か。

さっすがにサブくて
上下レイン着用するも
ギリギリまで粘っていたためか
手先が異常に冷たくて
軽くシビれてきたらもう
テンションだだ下がり。

本日の行程の半分となる妙高山山頂
に到着するも
予想通りの
視界ゼロ
e0132713_00121580.jpg


なんのお知らせ的なものがないため
山頂なのかどうなのか?
というのもどうでもいいくらい
さぶかったので
真っ白な景色数枚写真に納めたら
そそくさと火打山方面へ
e0132713_00121687.jpg

ダイナミックな岩場をほんのわずか
横切ると

どうやらこうやら山頂(らしき)場所へ到着

あまりの天候不良に
感動することはもちろんなく
そんなのどうでもいいのだ

むしろ行程のまだ半分
先を急ぎたいのだ
e0132713_00121689.jpg

何度か登ったことのある山というのは
当たり前だけど
「あと、どれくらい」
と言うのがわかるのでペース配分がしやすい。もちろん、どんな登山道が(緩いのか?キツイのか?)待っているかも把握していることも含めて。初めての山になるとそれがないため、自分の場合は体力温存も含めて割とスローペースになるんだけど、今回ばかりは先を急ぎたい気持ちが強い。

そして、妙高山〜高谷池ヒュッテが
このお登りの最大の山場となることも
知らずに


[PR]
by keirinyuko | 2015-11-01 08:17 | 信越の山 | Comments(0)