いつもこころにコロコロを


by keirinyuko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2015年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

rootS

ここに来てBACK TO 90‘S再燃!
今でも聞ける!、色褪せないとかではなく
現役バリバリってやつです。(個人調べ)

名曲「Unity」のデモバージョン
(2分30秒あたりから始まります)


とは言え
この 勢いだけ
とも取られがちな感じとか
グッチャグチャな感じはやはり90年代か。
情報量も少なく、音源手に入れるために
東京とか大阪まで夜行バスで行ってたなー。
新宿のDISKUNIONとか大阪TIMEBOMBとか
ドッキドキしながら足を運んだりして。

情報が手に入りやすかったり、誰かのコメントを参照したりってのも
考え物だなー、特に影響受けやすいタイプなんで。

そういった意味でも原点回帰っちゅーね。


[PR]
by keirinyuko | 2015-06-19 01:00 | 音+LIVE | Comments(0)

木場潟をラーン

走ってます。
四十路を前に
何かに駆り立てられるように
ではなく
どうにもあのランナーズハイに
ハマってしまったようで
e0132713_1421294.jpg

とはいえ
決まったコースをタイムを気にして
というよりかは
色んな景色を眺めながら走りたいようで
ってことで白山が眺められたはずの
ココへ。
e0132713_1421363.jpg

「何で走ってるんだ?」
と後悔の走り出し5分間を過ぎれば
ニヤニヤしてるかもなハイな時間
からの
右股関節痛が始まる6キロ付近

いつものルーティンをこなし
汗だく&嗚咽を見られてたと気付く
e0132713_1421434.jpg


走っている
と言っても
そんな程度ですが。
e0132713_1421156.jpg

[PR]
by keirinyuko | 2015-06-18 01:30 | Comments(0)

っつえーげん

方言ですね
○○げん
と語尾についちゃうのが
石川弁

東北でいうとこの
だべ〜
みたいなもんでしょうか。

強いんだべ〜 = つえーげん

ツエーゲン金沢の試合を
初観戦
e0132713_21583719.jpg

唯一の石川出身の
作田選手(同じ中学出身)
が活躍してるっつーのもアガる。
e0132713_21583889.jpg

サッカー観戦自体初めてだったんで
勝手がわからなかったけど
いざ
試合が始まると
迫力と試合展開に興奮。
当たり前ですが
テレビとは違って全体が見えるので
ガーーーって
もん凄いスピードで上がっていく
サイドバックの選手とか
ボールを持ってない選手
(画面には映らない選手)
なんかの動きも見れて。
e0132713_21583863.jpg

今度観戦する時までに
チームタオルと
赤いTシャツ必須ですね。

ちなみに
トリニータは
一般公募で選ばれた
「トリニティー」

「大分」
を合わせた造語だそうです。
で頭に大分をつけるっていうね。
[PR]
by keirinyuko | 2015-06-15 21:58 | ファミリー | Comments(2)

ローヤルさわやか

福井県のソウルドリンク?
なのでしょうか。

福井県に遊びに行った知人から
土産で頂きまして。
e0132713_23402392.jpg

ご当地の名産品を推すドリンクは
世の中に数知れずですが。
そうでもなさそうな雰囲気。

感想はというと

さわやかウッスーい
と言いますか
ウッスーくさわやか
と言うか。
ついでに炭酸のシュワっと感もウス目
e0132713_23402423.jpg

お隣県でも知らないこと多いんだなー
[PR]
by keirinyuko | 2015-06-12 23:40 | eat | Comments(0)

げたや

焼きラーメン
年齢的にもあんまり汁飲み干したり
良くないしー
物珍しさで注文
e0132713_15114482.jpg

いやはやこれがまたアレで。
少し塩系のスープが入ってて
グツグツしながら登場。
鉄の味と合間ってクセになる感じ。
e0132713_15114463.jpg

中華そばも
「そう!この味ね」
っつーぐらい王道なお味で。
e0132713_1511459.jpg

最近は生より瓶。
キリンラガーっつーのも
ポイント高し。
[PR]
by keirinyuko | 2015-06-11 15:11 | eat | Comments(2)

取立山

お登り始めた初期の頃に来て以来。
電話BOXあったなー
くらいの記憶

登山地図って
その山その山で
雰囲気あってオモロイな。

今回は日本昔話風?
e0132713_1653986.jpg

この日も森の中はさわやか快適
e0132713_16531019.jpg

ぱっと見、そんなに大きくない大滝
近づけばマイナスイオンな爆風
登りより下りのほうが浴びがいあるな。
e0132713_16531197.jpg

涼しげな森の中から
アッつい稜線風の流れは
パーンと視界が開けて爽快
e0132713_16531165.jpg

山頂で見るより
こつぶり山で見る白山の方が
迫力あって好きだな
e0132713_16531522.jpg

e0132713_16531370.jpg

山頂強風のため
すかさず引き返し
居酒屋「こつぶり山」
e0132713_16531414.jpg

ビッグカツ&ソフトいかフライ炙り
炙るとしんなり香ばしくって。


余韻に浸ってる風で
車に酔った人。
ごめんねジムニー
e0132713_16531495.jpg

[PR]
by keirinyuko | 2015-06-10 16:53 | 福井県の山 | Comments(0)

6月9日

月並みですが。
ムネアツです。

ジャッキー&ヒロシはどこへ?
[PR]
by keirinyuko | 2015-06-09 23:26 | 音+LIVE | Comments(0)

荒島岳

日本百名山であり
著者 深田久弥の故郷
福井県の荒島岳へ
e0132713_9483377.jpg

勝原スキー場からの登山道のほうが
メジャーとかなんとかなんですが
ここは深田久弥も歩いたとかなんとかな
「中出(なんかんで)登山道」へ
e0132713_94829100.jpg

「やっぱ低山登るなら6月だなー」
っと思わせる樹林帯が気持ちいい
山歩きが続き
e0132713_94835100.jpg

頂きに到着
急登もほぼなく
ほんっと登りやすい山
e0132713_9483231.jpg

あいにく白山などは
拝むことができなかったけど
前日の雨で空気も澄んでて
いいもん見させてもらい下山
e0132713_9483232.jpg

下りは夏の到来を
感じさせるかのような。

まだ梅雨も来てないけどね。
e0132713_9483435.jpg

居酒屋「荒島岳」は
強風とサブすぎて
速攻閉店でしたが
やっぱりホクチンヨカッたな。
e0132713_9483497.jpg

[PR]
by keirinyuko | 2015-06-09 09:48 | 福井県の山 | Comments(0)

GOOD TIME

淡いヒカリの中での宴
飲んで
食って
しゃべって
飲んで

酒の肴MVPは間違いなく天ぷら
しかも大葉
e0132713_15313685.jpg

大人たちが楽しそうにはしゃいで
(写真撮影のための光調整中の図)
e0132713_15313724.jpg

その後も話し込み
e0132713_15313813.jpg

お決まりの寝坊

ご機嫌な音楽で試される
寝起きハイテンション
いかがだったでしょうか?
e0132713_15313869.jpg

今度はファミリーで参加したい!
[PR]
by keirinyuko | 2015-06-01 15:31 | Comments(0)