いつもこころにコロコロを


by keirinyuko
カレンダー

<   2011年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

赤ゴハン

「これはもう」
と、いうことで急遽、親に半土下座で子供を預け、5時起床にてまずは家の雪かき。
つ~か、これが終わらないオワラナイ、どんだけ降ったんだ。

で、いつもは40~50分で到着するゲレンデに1時間30分もかけて出動。
e0132713_15271858.jpg

「おいおい、今日はメデタかったんやろ?」
と言う声が聞こえてきそうですが、めでたかったのはPU-がドスン!しまして、その衝撃でまさかの2度目の女の子の日を迎えたことぐらいでしょうか?
「実家に行く」と言っていたので、恐らく今日は赤飯でしょう。

吹雪やらガスやらで。
e0132713_15334736.jpg

片づけて帰り支度すると晴れるパターンの日でした。
[PR]
by keirinyuko | 2011-01-31 15:36 | snow | Comments(7)

人・ひと・ヒト

ここ数日考えたコト。

人が人にしてあげられること、出来ることってそんなにない(かも)、と痛感。
体験したこと、経験したことがなければ共感することはできない(かも)
「うんうんわかるその気持ち」
「大変だよね」
なんて安易に言えない(かも)

コトバにつまる。   フガイナイ。

だから、数少ないできることは実践していこう。

さしずめ注入しときます。



あの~、大人の階段って何段くらいあるんですかね。
まっ、登ってるのか下ってるのかもわかりませんが…
[PR]
by keirinyuko | 2011-01-26 23:53 | その他 | Comments(0)

チェケラッチョ!

相当なハリキリ具合ッスね、エ~テ~さん。

BGMとして流していただければこれ幸い。


期待ハズレ?のパフパフから、移動してのこれまた期待ハズレ?の2個目のキッカーを堪能。
顔がラッキー池田から和田アキ子まで幅を広げた自分と、DJからお花屋さんといったカオを持つお兄さまと
リフトでのBOYズトークはきみまろからパンテラまで

と、サスガ横乗り?なだけに幅の広い1日。

そして、スノーボードはいつでも期待を裏切らないことを再認識した1日。
オモロすぎッス。
[PR]
by keirinyuko | 2011-01-25 18:31 | snow | Comments(4)

wakuwakku チューズDAY

ファンタスゥイーでファンタスチックでぶっ飛んだ滑りをするフクイ~ズの皆様に案内される

e0132713_645315.jpg


いつものイシカワーズの面々 

e0132713_6454110.jpg


@石川の某ゲレンデ。
(笑)

Y字開脚を決める木からの飛び出し(落ち込み?)はソレはソレはファンタシーで
繰り出されるテュリーRUNとあふれ出るパウダリーZONEに「エイドリア~ン」と叫ぶことも忘れる1日でした。

ありがとうござました。

色々お気づかい頂いたお兄さんにも感謝です。
[PR]
by keirinyuko | 2011-01-19 07:01 | snow | Comments(4)

ロッキ~ バルボア~

ニュースでの荒れた天候に心躍らせながらの夜仕事を終え

「んだよ~、全然積もってないじゃ~ん」
からの、ホワイトロード。
行くとこ行けば「たいしたことねーよ」と、いうところでしょうがココでこんな景色はなかなかどうして。
e0132713_1729296.jpg



「ナンにも見えんじ~?」ではなく、6割がたこんな視界。
e0132713_1729396.jpg

カルくもなくオモくもないユキが降りしきる中、視界の良さげなトコロを探しつつの雄叫びライディング。
時に垣間見せる良好視界に踊らされながら辞め時を失いつつ。
あまりの気持ち良さに、心を開放して出てきた言葉は

「エイドリア~~~ン」

明日もエイドリアることができるかな?
[PR]
by keirinyuko | 2011-01-17 17:44 | snow | Comments(4)

散らかしすぎ?

「食い散らかすな」と子供にしつけながらも、食い散らかす大人たち。

普段は撮らないであろう滑走写真まで撮ってしまうようなテンションの1日。
1月も前半終了、これからですな?
e0132713_19252530.jpg
e0132713_19253759.jpg
e0132713_19254724.jpg
e0132713_1926252.jpg
e0132713_19261185.jpg
e0132713_19263122.jpg

e0132713_19272742.jpg


タイガイ、シャッター押す手前もしくは直後に転んでしまうパターンの人たちです。
[PR]
by keirinyuko | 2011-01-13 21:13 | snow | Comments(10)
e0132713_18235894.jpg

「わ〜綺麗!チュッ」
って、この夜景みたら思う人いるんでしょうけど、自分にはなんか恐怖やった。生粋の田舎モンでしょうかね。
[PR]
by keirinyuko | 2011-01-12 18:23 | Comments(0)

ヤマト帰還

e0132713_1655581.jpg

生きてます「ココ トキオ」

気を使ってもらったのかの主翼真横の窓側席

おかげで翼がバタバタ揺れるのを眺めながら、「折れるんだろう」と妄想
ジェットエンジンの音が徐々に大きくなるにつれ、心拍数も上昇

そしてタイヤが浮き始める。もの凄いGを体感しながらあり得ない角度でこの物体が空へと突き進んで行く
「さらば地球よ」
それでもなお、揺れる機体。
隣のお姉さんはイヤホンに機内本を読んでいる。
なぜフツーでいられるのか?



辺りを見渡しても身の危険を感じているのは、自分と結局着陸まで泣き叫んでいた3歳くらいの子供だけ。同志よ…

気付けば平静を装うとして持っていた機内本も力んだせいでぐんにゃり&ビッショり

地上には愛する嫁とせめて孫の顔を見るまではと思う娘2人を残してきたことを後悔。
飛行機に乗りたくてこの会社に入ったのではないのに。
そしてもう1度乗らなければ我が家に帰れない事実
「あ〜憂鬱」

「飛行機は高所とかいうレベルじゃないから怖くない」
と、ほざいた同じ症状を持つ友人が言っていたが、自分にとっては高所最高レベル。乗れば乗るほど恐怖が強くなってきているのを今回も実感した。

さらに追い討ちをかけて憂鬱なのは、同じ研修のために2月にも飛行機に乗らなくてはいけない事実。
出来れば船か電車にしてほしい。



東京とは思えない、さびしすぎる電車にもびっくりですが…
[PR]
by keirinyuko | 2011-01-11 16:05 | Comments(2)

ピース

e0132713_12345194.jpg

朝イチ ピ〜ステ〜ンコーディロイ
気持てぃ いいけど1人はちょっと…

今から出来れば乗りたくない乗り物でBig City「トキオ」へ

なんで飛行機って飛ぶんですか?
あ〜〜憂鬱&恐怖
[PR]
by keirinyuko | 2011-01-11 12:34 | Comments(0)

イチ

「降ればイチ」
の合言葉がまさか雨にも通用するとは…
下界アメでも、きっちし雪(雨に近いヤツ)
ガ~ス~のため、視界の良さそうな黄色のリフトへ。昨日まであんなに乗ったことなかったですけど…

「おそるべしイチ」
e0132713_7313681.jpg


今日サイコ~でしょうね、各地。
[PR]
by keirinyuko | 2011-01-10 07:31 | snow | Comments(2)