いつもこころにコロコロを


by keirinyuko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:音+LIVE( 135 )

不倶戴天

不倶戴天(フグタイテン)
同じ天の下には一緒にはいない、
同じ天の下には生かしておかない意で、
それほど恨みや憎しみの深いこと。もとは父の仇(かたき)を言った


More
[PR]
by keirinyuko | 2017-04-12 03:11 | 音+LIVE | Comments(0)
久しぶりにして、2017年度一発目のLIVEは
Dustbox WITH Locoflanc
e0132713_23174479.jpg



More
[PR]
by keirinyuko | 2017-04-08 23:37 | 音+LIVE | Comments(0)
遂にドロップされる奇跡のコラボレーションソング

アンダーグランドって言葉が流行りのように使われていた時代は
もう遠くの話ですが、現代のアンダーグランドの猛者
飲んだくれ集団×HIPHOP meet 尾崎豊
OLEDICKFOGGY×THE BLUE HERB
聞かずして死ねない1曲

@京都ミューズでは聞いたあの曲
落ち着いて聞くとさらにヨシ。
[PR]
by keirinyuko | 2017-01-25 00:00 | 音+LIVE | Comments(0)
OLEDICKFOGGYのドキュメンタリー映画「歯車にまどわされて」
を京都MUSEでのLIVE前に。
e0132713_04463407.jpg



>

More
[PR]
by keirinyuko | 2016-12-20 09:24 | 音+LIVE | Comments(2)
よーっぽどでなければ遠征することないLIVE人生ですが
これを見逃すと2度とない、しかもこの対バンきっかけというか
この日の為に曲まで作ってきたんだから、これはもう見るしかない

ということで行ってまいりましたな、京都MUSE。
e0132713_04472531.jpg



More
[PR]
by keirinyuko | 2016-12-19 11:04 | 音+LIVE | Comments(0)
久しぶりのライブは壮絶かつ超絶によかった。
e0132713_22461399.jpg



More
[PR]
by keirinyuko | 2016-11-03 23:23 | 音+LIVE | Comments(2)

Hi-Standard

無告知 CDショップ限定での
音源発表で話題をかっさらい

ショートライブツアー告知
と来て
ネット販売&ダウンロード
開始のタイミングでPVのロングバージョン

前半はCD発売と同時に公開されてた
ショートバージョンと同じ

見所は後半
過去のシーンを織り交ぜてからの、、、

トリハダもんです。

[PR]
by keirinyuko | 2016-10-28 10:00 | 音+LIVE | Comments(0)

ブギーバック?

ふとして
「ブギーバック」
の意味を調べたらそれ自体には意味が
ないらしいんですけど、、、
へー、そういうことなんだ
って言うヒップホップ的な作り
または、意味のわかる人からしたら
それはそれは面白い遊び心満載で
さーすがSDP!
と感心しております。

気になる方は調べてみてください。

で、逆に曲をメインにファッションを
時代毎に遡るっつー。
さーすが、BEAMS!




[PR]
by keirinyuko | 2016-10-26 19:08 | 音+LIVE | Comments(0)
出たら出たで
「らしくない」
とかね。

感じ方はそれぞれなんでね、しゃーないんですけど。

いろいろなものを期待されるアーティストって方は大変ですね。
変化を受け止めるか、受け止めないかはファンそれぞれですしね。

て言うか、「ANOTHER STARTING LINE」って言ってますからね、本人たちが。



影響受けたのは楽曲だけではないので、このLINEに乗っかろうと思います。
押忍
[PR]
by keirinyuko | 2016-10-06 23:56 | 音+LIVE | Comments(0)

ANOTHER STARTING LINE

恐縮です。
ROCKしてますか?

夕方過ぎに気付いた大事件。(個人調べ)
Hi-STANDARDのNEW CD発売。



e0132713_23212295.jpg


このご時世に告知一切なし、ネット通販、配信なし。
CDショップ販売のみっつー荒業。
(とは言えSNS万歳)

昔、フラッと入った長野のレコ屋で発見して同様に
告知なし、メンバー写真なしな7インチを半信半疑で購入したな。
彼らなりの現代音楽事情に対するアンチテーゼか否か。

まー驚かされたついでに「まさか!」とパッケージを分解してみたりしちゃったぞ。
e0132713_23212383.jpg





そして彼らの思惑通りか夕方過ぎのタワレコ、特設販売コーナーで出会った数名と
同じCDを手に取り、目が合い、「あ、ども」
って会話。同じ年代の人から、
「ハイスタを知った時には解散してた」なーんていう25歳なんかとしばし談笑。
レジには同じCDを持つ客で行列。

「してっやったり」とニヤついてんだろーね、3人組。
e0132713_22172326.jpg



歌詞、和訳がね、もうね、アレですよ。
もう彼らにしても自分にしても
それがすべてでそういうことではないでしょうか。

天邪鬼だったんでね、
ずーーっとしまい込んでいた気持ちがですね、爆発ですよ、これで。

もうね、歌詞もほぼ覚えちゃったわよ。
[PR]
by keirinyuko | 2016-10-05 00:13 | 音+LIVE | Comments(2)