いつもこころにコロコロを


by keirinyuko

映画「歯車にまどわされて」 @ 京都みなみ会館

OLEDICKFOGGYのドキュメンタリー映画「歯車にまどわされて」
を京都MUSEでのLIVE前に。
e0132713_04463407.jpg



>



監督はこの手のドキュメンタリー作品をいくつかリリースしている
川口潤氏イースタンユースとブルーハーブのは観ましたけど。

ネタバレもアレだし、DVDも発売されるみたいなのでそこはソコですが
Oledickfoggyムービーを上映するには持って来いの昭和館丸出しな
「京都みなみ会館」
本人たちには申し訳ないですが、お客の入りの状況や足元の寒さ加減なんかが
さらに雰囲気あってサイコーでした。
e0132713_04463587.jpg


終焉後のトークショーもレアな感じで良かった。
ステージに4人、客はその倍くらいって中でしたが。
e0132713_04463643.jpg



話はそれるんですけど
昨年あたりから登山をする時にですね、いわゆるゴツい登山靴ではなくて
トレランとかで使うようなランニングシューズを履いて
荷物も極力少なく、より軽く無駄、贅沢を排除するような
「軽快により遠く」的なスタイルで登山してるんですけど
(ウルトラライトハイキングなんて言われたりしますが)
ちょっとブームだと思ってネットでいろいろ調べたり、本を読んだりしてたんですけど。
で、北アルプス4日間の旅の時に感じたんですけど、
いざ山の中に入ると同じようなスタイルの人と出会うことがほとんど、いやほぼなくて
やっぱり、いわゆる登山スタイルの方々ばかりだったのですね。

好きなことだけ調べて、情報を集めているから
もういつしか自分の中では当たり前になってたんですけど、
世の中まだまだそーでもないってこと。

話、それちゃいましたが。
結果的にソールドアウトでしたが以外に簡単にチケット取れたし
思っていた以上(以下?)の生活なんだなー、まだまだ。
もっと認知されているのかな?とも思ってたけどそうでもないみたいだし。

ただ、これが難しいところですけど
今の状況だから生み出された曲だと思うので、
状況が変わる(売れる)とどうなるんですかね?
ってバンドには申し訳ない考えもあるんですが、
いくら売れても人となりは変わらないと思うので、そこに関しては
大丈夫だろうなっていう変な安心感をいただけた
乾杯シーン多めなムービーでした。


次の上映作品目当ての高齢なお客さんがゾクゾク入ってくるロビーでの
サイン会っていう画ヅラがなかなかのカオスでした。
e0132713_04463687.jpg

[PR]
Commented by umamai at 2016-12-21 19:22
ひーーーーー。
ライヴ共々嫉妬でSHIT。
仲間がその場にいれたって事にバンザイパイカン!!
Commented by keirinyuko at 2016-12-22 03:48
Umamai さま…サープライズはまだまだあります。お会いした時にでも。ニヒヒ
by keirinyuko | 2016-12-20 09:24 | 音+LIVE | Comments(2)